【配信】隙間市場で勝つ!大手が真似できない商品づくり - モチアップ早朝勉強会ブログ

【配信】隙間市場で勝つ!大手が真似できない商品づくり

m14-0003.jpg

●12月15日(月)0時00分オンエア開始!

◎12月配信③あの人のオススメをもう一度
「隙間市場で勝つ!大手が真似できない商品づくり」

●旭電機化成株式会社 原直宏社長
※会員限定です。非会員の方はコチラから。(動画の視聴は公開期間中のみ可能です)

白木さんのオススメの理由:
商品開発のコンセプトが『他社が迷うような商品にあえてチャレンジ』し、失敗も全て経験値として次に生かしていくその姿勢は、下請け体質から脱却し、知恵を出して切り開いていくという自立の精神と中小企業のパワーを感じました。


(前半)「関西のアイデア社長」の異名で、知る人ぞ知る日用雑貨のメーカー、旭電機化成株式会社。従業員数150名で年商23億、経常利益率8%、自己資本比率はなんと90%という優良企業です。まずは、同社の事業の特徴と、高い利益率を生むアイデア商品の一部を原社長に紹介してもらいました。

(中段)こうしたアイデア商品の陰で、売れずに消えていった商品も数多くあるといいます。同社にはそうした「失敗作品の展示室」もあるというので、見せてもらいました。

(後半)旭電機化成は元々、大手電機メーカーの下請けのプラスチック加工会社だったそうですが、原社長が2代目として跡を継いだ頃は債務超過の状態で、そこから徐々に脱・下請け、自社オリジナル商品へと舵を切ってきました。そのきっかけとなったのは、原社長自身の「ある屈辱的な経験」だったといいます。



旭電機化成について詳しく知りたい方はコチラ!

【社長室101】旭電機化成株式会社
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク