「ゆずすこ」の生みの親 高橋商店のヒット商品開発法 - モチアップ早朝勉強会ブログ

「ゆずすこ」の生みの親 高橋商店のヒット商品開発法

takahashi.jpg


●10月7日(月)0時00分オンエア開始!

◎シリーズ 大ヒットの源流
「「ゆずすこ」の生みの親 高橋商店のヒット商品開発法」

●株式会社高橋商店 高橋努武社長
※会員限定です。非会員の方はコチラから。(動画の視聴は公開期間中のみ可能です)

皆さんは「ゆずすこ」という調味料をご存知ですか?福岡県柳川市の小さなメーカー、株式会社高橋商店が開発し、今では日本全国や世界14カ国で年間80万本を販売するにまで成長したブランド商品です。同社は元々、1730年頃に酒蔵として創業した後、酒かすを使った粕漬けの食品メーカーへと業態を変えてきたそうです。「ゆずすこ」の生みの親、高橋努武社長は同社の14代目ですが、いきなり社長就任直後に取引先の大型倒産の煽りを受けて会社存亡の危機に立たされたといいます。こうして完成した「ゆずすこ」ですが、小さな会社が新商品を生み出すこと自体は、よくある話です。問題はどうやって売ったのか?後半は、その虎の子の商品「ゆずすこ」の販路を高橋商店はどのように開拓し、ブランド化していったのか?そのエピソードに迫ります。


スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク