2015年02月 - モチアップ早朝勉強会ブログ

【配信】「お仏壇のはせがわの信念の営業」

はせがわ

●2月16日(月)0時00分オンエア開始!

◎2月配信③
「お仏壇のはせがわの信念の営業」

●株式会社はせがわ  長谷川裕一 相談役
※会員限定です。非会員の方はコチラから。(動画の視聴は公開期間中のみ可能です)

《前半》
宗教用具販売で世界初の上場企業、株式会社はせがわ。長谷川裕一会長は、大学を卒業し、家業である直方市の小さな仏具店に入社したばかりの1年目に、大きな試練に遭います。福岡県大牟田市の三井三池炭鉱で発生した炭塵爆発事故。数百名にのぼった犠牲者のご遺族にお仏壇を勧めるという、非常に厳しい役目を担うことになった新入社員の長谷川さん。そんな中でも、お仏壇の販売を行うことができたのは、そこに、強い信念があったからだといいます。

《後半1》
仏壇仏具の販売で全国1位、従業員数1000名を超えるお仏壇のはせがわ。長谷川会長に、伸びる社員の共通点について伺いました。

《後半2》
会社の理念や方針はあるものの、時には社長や上司の言葉に疑問を感じる時や、迷ってしまう時もあるものです。そういう時は、どう考えるとよいのでしょうか?伺いました。

株式会社はせがわ ついて詳しく知りたい方はコチラ!

【社長室101】株式会社はせがわ

スポンサーサイト

九州スポーツさんに取り上げられました

おはようございます!
天神と博多会場を担当しています、元吉です。

2015年2月1日、モチアップを始めて丸3年が経過しました。

たった4人のスタートだったのですが、
現在では全10会場、年間4000人の参加者がいます。

参加者の中には、
経営者から、時には中学生が参加するという幅の広さ。

年齢も立場も性別もバラバラな人たちが
朝7時から同じ映像を見てディスカッションする。

そんなモチアップですが、最近、1つ夢が叶いました。


じゃん!


201502shimbun.jpg
↑クリックすると大きな画像で見れます


九州スポーツさんの記事に、大きく取り上げていただきました。
ありがたいです。

早朝から勉強するという文化を、これからも広げていきたいです。



※今月の無料体験日はこちらから!
http://motiup.blog.fc2.com/blog-entry-263.html





【配信】日本の教育格差を是正せよ!


teachforjapan.jpg

●2月9日(月)0時00分オンエア開始!

◎シリーズ 伸びる会社のビジョン
「日本の教育格差を是正せよ!」

●認定NPO法人Teach For Japan 松田悠介代表
※会員限定です。非会員の方はコチラから。(動画の視聴は公開期間中のみ可能です)

《前半》
Googleやディズニー、Appleなどの世界的有名企業を抑えてアメリカで人気就職先ランキング1位に輝いた教育系NPO法人「Teach For America」。その取り組みは25年間で世界30ヶ国以上に共感の輪が広がっています。今回は、その世界的NPOの日本法人の代表に話を伺い、我々の企業活動においても通じる「組織運営の在り方」について考えます。まずはその活動理念や考え方について「Teach For Japan」の松田悠介代表に伺いました。

《後半》
Teach for Japanでは、教育の在り方やリーダーシップの取り方について、「Teaching As Leadership」という世界共通のフレームワークを持っているそうです。目標を、効率的かつ効果的に達成するための「6つのメソッド」について解説してもらいました。



認定NPO法人Teach For Japanついて詳しく知りたい方はコチラ!

【社長室101】認定NPO法人Teach For Japan

【配信】100%オーガニックタオルを追求!ファンに愛されるブランド

ikeuchi.jpg

●2月2日(月)0時00分オンエア開始!

◎シリーズ 大ヒットの源流
「100%オーガニックタオルを追求!ファンに愛されるブランドづくり」

●IKEUCHI ORGANIC株式会社 池内計司社長
※会員限定です。非会員の方はコチラから。(動画の視聴は公開期間中のみ可能です)

《前半》
IKEUCHI ORGANIC株式会社は、愛媛県今治市に本社を置くオーガニックコットンを用いたタオルやハンカチのメーカーです。元は「池内タオル」の社名でOEMを中心に「今治=タオル」の代名詞となっていた同社ですが、2003年に大口取引先との連鎖倒産を経験しています。その後、オーガニック専門の自社ブランド「IKT」へと舵を切り、全国のユーザーから熱烈な支持を受ける存在になっています。まず、池内計司社長に、同社が大切にしている価値観について伺いました。

《後半》
後半は、具体的なオーガニックタオルの商品開発に迫ります。従来やっていた少量多品種生産を否定し、逆に、単一の優れた商品を長く売り続けるという姿勢で突き進んでいます。結果、値下げ競争に巻き込まれない独自の立ち位置を築いてきたと言います。そうした姿勢について池内社長は「商品をデザインするのではなく、生き様をデザインする」と言い切ります。



IKEUCHI ORGANIC株式会社について詳しく知りたい方はコチラ!

【社長室101】IKEUCHI ORGANIC株式会社



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク