201412 - モチアップ早朝勉強会ブログ

【配信】創業期はゲリラ戦法で戦え!

175seki.jpg

おさらいコンテンツ
過去に配信したコンテンツを復習することで、学びと理解を深めよう!
●12月22日(月)0時00分オンエア開始!

◎シリーズ 鬼営業
「創業期はゲリラ戦法で戦え!」

●㈱関家具 関文彦社長
※会員限定です。非会員の方はコチラから。(動画の視聴は公開期間中のみ可能です)

家具の生産高日本一で有名な福岡県大川市。この地域で業界No.1を走っているのが株式会社関家具です。日本の家具業界は、洋風化や海外企業の参入などで斜陽産業と言われますが、そんな中で、関家具は創業以来30年間一度も赤字を出すことなく成長を続けてきたといいます。その強さの裏には、日々の変化に素早く対応するための「ある考え方」があるそうです。創業期のエピソードと共にお聞き下さい。



(株)関家具 関文彦社長について
詳しく知りたい方はコチラ!


【社長室101】株式会社関家具

【配信】隙間市場で勝つ!大手が真似できない商品づくり

m14-0003.jpg

●12月15日(月)0時00分オンエア開始!

◎12月配信③あの人のオススメをもう一度
「隙間市場で勝つ!大手が真似できない商品づくり」

●旭電機化成株式会社 原直宏社長
※会員限定です。非会員の方はコチラから。(動画の視聴は公開期間中のみ可能です)

白木さんのオススメの理由:
商品開発のコンセプトが『他社が迷うような商品にあえてチャレンジ』し、失敗も全て経験値として次に生かしていくその姿勢は、下請け体質から脱却し、知恵を出して切り開いていくという自立の精神と中小企業のパワーを感じました。


(前半)「関西のアイデア社長」の異名で、知る人ぞ知る日用雑貨のメーカー、旭電機化成株式会社。従業員数150名で年商23億、経常利益率8%、自己資本比率はなんと90%という優良企業です。まずは、同社の事業の特徴と、高い利益率を生むアイデア商品の一部を原社長に紹介してもらいました。

(中段)こうしたアイデア商品の陰で、売れずに消えていった商品も数多くあるといいます。同社にはそうした「失敗作品の展示室」もあるというので、見せてもらいました。

(後半)旭電機化成は元々、大手電機メーカーの下請けのプラスチック加工会社だったそうですが、原社長が2代目として跡を継いだ頃は債務超過の状態で、そこから徐々に脱・下請け、自社オリジナル商品へと舵を切ってきました。そのきっかけとなったのは、原社長自身の「ある屈辱的な経験」だったといいます。



旭電機化成について詳しく知りたい方はコチラ!

【社長室101】旭電機化成株式会社

【配信】日本に家事代行業を ベアーズの挑戦

●12月8日(月)0時00分オンエア開始!

◎12月配信②
「日本に家事代行業を ベアーズの挑戦」

●株式会社ベアーズ 高橋ゆき専務
※会員限定です。非会員の方はコチラから。(動画の視聴は公開期間中のみ可能です)

(前半)
東京都に本社を置く株式会社ベアーズは、日本に「家事代行業」を根付かせた企業として有名です。社員160名、家事代行をするベアーズレディが登録者4300人、年商26億。その事業のきっかけは、香港で子どもを育てながら働いていた創業者夫婦が、日本に帰国した時に感じた不便だったそうです。まず、同社の創業物語と、ゼロからイチにしていった創業期の営業方法について伺いました。

(後半)
産休や育休を取りたくても取れないという女性が多い中、かつて、ベアーズでも似たような状況があったといいます。それを15年間の歳月をかけて改善してきたというベアーズ。社内制度と実態の乖離を、どのようにして無くしていったのでしょうか?



株式会社ベアーズについて詳しく知りたい方はコチラ!

【社長室101】株式会社ベアーズ




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク