2014年03月 - モチアップ早朝勉強会ブログ

【配信】「結婚式場稼働率日本一の、バカな!なるほど!

柴山社長02
●3月31日(月)0時00分オンエア開始!

◎シリーズ 大ヒットの源流
「結婚式場稼働率日本一の、バカな!なるほど!」

●株式会社 ラック 柴山文夫社長

※会員限定です。非会員の方はコチラから。(動画の視聴は公開期間中のみ可能です)

福岡市博多区に本社を構える株式会社ラック。結婚式場・貸し衣装・美容室・葬儀場・霊柩車など、いわゆる冠婚葬祭にまつわる総合企業です。創業は1967年、従業員数350名、年商は50億を超え、経常利益率は直近の10年は8~12%をキープしているという、優良企業です。中でも、結婚式場の稼働率は日本一。業界平均のなんと5倍といいます。その日本一の業績を生み出す秘訣とは、コンセプトにあると、柴山社長は語ります。

結婚式場の稼働率日本一を実現するために、ラックでは様々な戦略を用いてます。VTRの後半では、柴山社長に、同社の価格戦略、ブルーオーシャン戦略、包み込み戦略など、数々の戦略づくり、そして仕組みづくりについて伺いました。





スポンサーサイト

2014年3月のモチアップ各会場レポート!!

こんにちは。モチアップ運営チームの元吉です。

モチアップ早朝勉強会、3月の各会場の様子をレポートします!

<木曜・天神会場>
3-20木曜天神会場 (640x480)

3月20日の様子。毎回大盛況の天神会場!!


<木曜・飯塚会場>
3-13飯塚会場 (640x414)

ドコモショップ飯塚店で開催しています。雰囲気の良さが写真に表れてます!


<木曜・小倉会場>
3-20小倉会場 (640x480)

同じく木曜日開催の小倉会場!


<火曜・博多会場>
3-18火曜博多会場 (640x479)

こちらの火曜博多会場は、少人数でも元気は一番です!!


<火曜・薬院会場>
3-18火曜薬院会場 (640x480)

薬院会場、若いパワーと朝から一緒にモチアップ!


<金曜・博多会場>
3-7金曜博多会場 (640x469)

博多会場はディスカッションに深みがありますよ!!



天神会場は水曜・木曜、その他にも広島会場や、大阪会場の全10会場で毎週開催中です。
朝から参加しているだけあって、どなたもモチベーションの高い方ばかり!

4月は1日(火)からスタートです。
皆さんも早朝から熱く学びませんか?


【配信】全国シェア60%を築いた体育会系熱血営業

kakumaru.jpg

おさらいコンテンツ

過去に配信したコンテンツを復習することで、学びと理解を深めよう!


●2月25日(月)0時00分オンエア開始!

◎シリーズ 鬼営業
「全国シェア60%を築いた体育会系熱血営業」

●株式会社カクマル 曽根田馨社長
※会員限定です。非会員の方はコチラから。(動画の視聴は公開期間中のみ可能です)

Q.あなたの会社の営業の強みは何ですか?

福岡市城南区に本社を構える株式会社カクマルは、地面にプレートを埋め込んで土地の境界線を示す「境界標示板」のメーカーとして全国シェアのなんと60%を占めている会社です。その境界標示板とは一体どんなもので、誰を顧客にしているのでしょうか。また曽根田社長は、全国に取引先を開拓するに当たって、そのほとんどの契約を「初回の訪問」のたった1回で決めてきたといいます。そこには、相手の懐に飛び込むためのあるユニークな方法があったそうです。その営業方法を伺いました。




あの人のオススメをもう一度 わずか3年で九州一に 筒井社長のNo.1戦略

サンプル(16:9)
◎シリーズ 成功者の哲学
わずか3年で九州一に 筒井社長のNo.1戦略

●英進館株式会社 筒井俊英社長
※会員限定です。非会員の方はコチラから。(動画の視聴は公開期間中のみ可能です)

Q.今月のモチアップでは、第1週で、鐘川製作所の「開かれた経営」について、第2週では、株式会社ふくやの「経営理念とその背景」 について学びました。そこで、今週の現状認識タイムでは、「今月の学びから、あなたが具体的に行動に移したこと、またはやろうと決意したことは何ですか?」シェアしましょう。


今や、押しも押されもせぬ九州最大の学習塾となった英進館株式会社。そのNo.1戦略を学びます。筒井俊英社長が入社した平成4年当時、英進館はまだ九州で4番手から5番手の塾でした。しかし、この入社からわずか3年後には九州No.1に登り詰めたそうです。そこには、競争弱者である英進館が「一点突破」で「段階的」にNo.1を作っていくという筋書きがありました。
また、会社でも塾でも、あらゆる組織の生産性は、そこに属する人のモチベーションの高さに比例します。英進館では生徒のヤル気をどのように高めているのか?同社の最大の強みとも言える、「動機付け」の方法とは?

)

【配信】「明太子の生みの親 ふくやの経営理念に学ぶ」

025kawahara.jpg
●3月10日(月)0時00分オンエア開始!

◎シリーズ 経営者の哲学
「明太子の生みの親 ふくやの経営理念に学ぶ」

●株式会社ふくや 川原正孝社長

※会員限定です。非会員の方はコチラから。(動画の視聴は公開期間中のみ可能です)


今や、日本の食卓の定番メニューとなっている辛子明太子。その明太子を初めて作ったのは、福岡市博多区に本社を置く株式会社ふくやです。ゼロからイチを創り出した創業者の故・川原俊夫さんのエピソードを、息子であり現在社長を務める川原正孝社長に伺いました。そこには、現在ふくやが業界全体や地域から愛され尊敬されている理由が垣間見えます。ふくやは、社会貢献活動を熱心に行う企業としても有名です。2013年11月には、資金繰りに苦しむ地元サッカー球団「アビスパ福岡」を救うために「アビスパ応援明太子」を発売し、売上を全額寄付するという前代未聞の企画を実施しました。商品は大きな反響を呼び、当初予定の3倍以上となる1770万円を寄付しました。実は、その背景には、川原社長がかつて経験した「ある悔しい思い出」があったといいます。



【配信】「開かれた経営」

197kanegawa.jpg
●3月3日(月)0時00分オンエア開始!

◎シリーズ 成功者の哲学
「開かれた経営」

●株式会社 鐘川製作所 鐘川喜久治社

※会員限定です。非会員の方はコチラから。(動画の視聴は公開期間中のみ可能です)
鐘川製作所は創業1914年。第一次世界大戦が始まった年に生まれた100年企業です。精密な金属加工を強みとしていて、中でも、養殖マグロのエサやり機では、国内のシェア7割以上を占めています。同社の特徴として、下請けになりがちな製造業には珍しい「強気の営業」と、経営数値を公開する「開かれた経営」というものがあるそうです。このように、経営情報の公開やIT化などの取り組みによって会社を伸ばしてきた鐘川社長。VTRの後半では、鐘川製作所における社員教育の考え方と、社長が経営者としてどのように社員に向き合っているのか、その心構えについて伺いました。





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク