2012年11月 - モチアップ早朝勉強会ブログ

【配信】8代目の営業改革 企業後継者の心構え

●11月19日(月)0時00分オンエア開始!

◎シリーズ 社長のバトン
「8代目の営業改革 企業後継者の心構え」

●天神愛眼グループ 緒方憲専務
※会員限定です。非会員の方はコチラから。(動画の視聴は公開期間中のみ可能です)

Q.あなたの想定顧客は、どんな属性(年齢・性別・収入など)の、どんな人(会社)ですか。また、その顧客に対して、どんな接客を心がけていますか。

「アイラーブ天神愛眼」のCMで福岡ではおなじみの眼鏡店、天神愛眼グループ。その8代目となるのが緒方憲(おがたあきら)専務です。創業から130年以上続く同社ですが、緒方専務がアメリカ留学から帰国した当時、同社は接客のレベルが著しく低下していたそうです。当時の問題点とそれを解消した緒方専務の接客改革を伺いました。また、会社が長く続くためには事業継承は避けては通れない課題です。緒方専務は7代目である先代から事業を継承するに当たって心掛けていることがあるといいます。後継者に限らず人づきあいのコツとも言える先人への接し方について伺いました。



スポンサーサイト

【配信】創業期はゲリラ戦法で戦え!

●11月12日(月)0時00分オンエア開始!

◎シリーズ 鬼営業
「創業期はゲリラ戦法で戦え!」

●関家具 関文彦社長
※会員限定です。非会員の方はコチラから。(動画の視聴は公開期間中のみ可能です)

Q.あなたの会社や業界では、昨今、どんな変化が起きていますか?

家具の生産高日本一で有名な福岡県大川市。この地域で業界No.1を走っているのが株式会社関家具です。日本の家具業界は、洋風化や海外企業の参入などで斜陽産業と言われますが、そんな中で、関家具は創業以来30年間一度も赤字を出すことなく成長を続けてきたといいます。その強さの裏には、日々の変化に素早く対応するための「ある考え方」があるそうです。創業期のエピソードと共にお聞き下さい。




【配信】岩盤浴を日本に広めた男


●10月29日(月)0時00分オンエア開始!

◎シリーズ 大ヒットの源流
「岩盤浴を日本に広めた男」

●アニーグループ 二枝たかはる社長
※会員限定です。非会員の方はコチラから。(動画の視聴は公開期間中のみ可能です)

Q.あなたの会社の「創業のエピソード」を教えてください。

岩盤浴チェーン日本一の「石の癒」は、元々雑貨販売「アニーのお気に入り」を運営していたアニーグループが2003年3月に日本で初めて「ストーンスパ」という呼び文句で始めた事業です。当時まだほとんど誰も岩盤浴を知らなかった頃に、なぜこれに目を付け、また、どの様に「石の癒」を広めていったのでしょうか?生みの親である二枝社長に伺いました。また、事業が順風満帆に成長している中、突然起こった週刊誌のバッシング騒動。岩盤浴の業界全体が大きなダメージを負い、多くの店が閉店に追い込まれたといいます。そんな逆風を「石の癒」はどのように耐え、今日に至るまで生き残ってきたのか?伺いました。



【配信】わずか3年で九州一に 筒井社長のNo.1戦略

●11月5日(月)0時00分オンエア開始!

◎シリーズ 成功者の哲学
「わずか3年で九州一に 筒井社長のNo.1戦略」

●英進館 筒井俊英社長
※会員限定です。非会員の方はコチラから。(動画の視聴は公開期間中のみ可能です)

Q.他人のモチベーションを上げる時に、あなたがしている方法や工夫は何ですか?

今や、押しも押されもせぬ九州最大の学習塾となった英進館株式会社。そのNo.1戦略を学びます。筒井俊英社長が入社した平成4年当時、英進館はまだ九州で4番手から5番手の塾でした。しかし、この入社からわずか3年後には九州No.1に登り詰めたそうです。そこには、競争弱者である英進館が「一点突破」で「段階的」にNo.1を作っていくという筋書きがありました。まずは、学力の秀でた友達2人を引き連れて筒井社長が入社した当時の話からお聞き下さい。





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク